FC2ブログ

SLIへの憧れ 「SLIクエスト そして絶望へ・・・」

皆さん、こん〇〇は!いつもへっぽこ・超へっぽこ鯖へ参戦ありがとうございます!

前回に続き今回もハードウェア関連について書いてみようと思います。
今回のネタは誰もが憧れる!?SLIについてです。
SLIってなんじゃ???って方のために簡単に説明を。
SLIとは1台のPCに2枚のグラフィックボードを接続して更に描画能力を向上させる技術です。(マザボやグラボに制限があります)
当然2枚使うので、1+1は2 じゃなくて200で10倍!ネタは置いといて性能も2倍になると思いますよね?

tnkj.jpg

答えは後ほどにしてまずは回想に入りますw

あれは2016年6月、MSIより「GeForce GTX 1080 GAMING X 8G」が発売されました。BF1の発売が10月に控えており、性能も上々とのことでワシも即買いしました。購入価格はamazonで109,058円。
それまではMSIの「GTX 980 GAMING 4G P」を使っていたので大幅なグラフィック性能の向上を期待していました。
早速BF4のオール最高設定でプレイ!そこそこFPSも出て気持ちよくプレイできました。
使用モニタはASUSのROG Swift PG279QでWQHD (2560 x 1440)、上限リフレッシュレートは165Hzです。

そして10月!待ちに待ったBF1の発売です!我に仕えるは最強グラボのGTX1080!当然最高設定でプレイ!ところが・・・

FPSが60~90程度しかでねぇ!おぉ~ん!

そうです、BF1のグラフィックはBF4よりかなり進化しており1080のパワーを持ってしても解像度WQHDでは全く力不足だったのです。
ワシはそのゲームの持つ最高のグラフィックで快適にプレイしたいのです!最低でもFPS120は欲しい!

そこでふと思いついたのが「SLIにしたら性能2倍で無敵じゃね?」
2倍なら最低でもFPSは120出るはず!全くSLIの知識も無いのに思い立ったら即行動。BF1発売日から6日後の10月27日に2枚目のGTX1080とSLIブリッジ(2枚のグラボを接続するパーツ)を注文!その頃は1080も値下がりしており、NTT-Xストアで77,980円で購入。SLIブリッジは5,580円でした。

そして到着したグラボを早速PCに取り付け、しかし・・・

電源のピンが足りねぇ~w

そうなんです、8pinと6pinが必要なのですが、すでに空きは無し・・・あまりに悔しかったので車で高速ぶっ飛ばし大須のツクモでSATA電源→6or8pin変換ケーブルを購入。これで準備は整った!

これでワシは無敵や~高設定高FPSで敵兵士を駆逐してやるぜ~!しかし・・・

FPSが100~110しかでねぇw というか110で頭打ちになってそれ以上全く出ないのです。

ボッチの世界でも110、混戦でも110、110より上の世界は存在せんのかいw

何かしらのトラブルが起きているのは間違いないのでネットで色々情報収集、しかし・・・
SLIの情報は本当に少ないのですよね。周りでも導入されている方は全くおらず相談もできません。
仕事から帰ると毎晩情報収集、日本だけでなく海外のサイトやブログも翻訳する日々、そして1週間も経過したであろうその時!
海外のブログで「ASUSのサウンドとSLIって相性悪いよね」こんな書き込みを発見!
翻訳して詳しく読んでいくと、ASUSのサウンドカード「STRIX RAID DLX」を搭載したPCでSLIを構成するとFPSが下がるバグがあるとのこと。
BF1の音を楽しむために購入したSTRIX RAID DLXがこんなところで足を引っ張るなんて・・・
これがよく聞かれるPCの相性問題なんですよね。

PS4等の家庭用ゲーム機は全てのプレイヤーが同じ設定の機器を使用しているのでトラブル対処は比較的容易ですが、PCはマザーボードやCPU、サウンドカード等、各個人で構成が全く違います。全ての構成に対してドライバを作るのは無理なので、大多数の方が問題無く動作するであろうドライバをメーカーは提供しています。
SLIのような極少数のユーザーに対してはドライバの対応も遅れがちです。NVIDIAもSLIのバグ修正は滅多に実施しません。

原因がわかったのでとりあえずSTRIX RAID DLXを外してBF1をプレイ、結果は・・・

ヌルヌルローションプレイや~

110で頭打ちだったFPSもほぼ全ての場面で140~165キープとなりました。
しかし・・・これでやっとワシは無敵や~と喜んでいる時間はとても短いものでした・・・

ある日ヌルヌルローションプレイを楽しんでいるとふと画面の違和感に気づきました。何故か画面が二重に見えるのです。
下に貼った画像を見て頂くとわかると思いますが、画面に背景が焼き付いています。
川の中からうっすら木が生えているのが見えますよね。このように数秒前の画面がうっすらと残ってしまうのです。
数秒ごとに画面の焼き付きが発生してこれではゲームになりません。

無題

まさかと思い設定からSLIを無効にすると焼き付きは無くなりました。そうです、またSLIのバグが発生したのです。
このバグについてもネットで色々調べましたが全く情報が出てきません。ウィンドウズアップデートの影響なのかNVIDIAのドライバの影響?もしくは他のパーツのドライバ?もう原因になりそうな事柄が多すぎて心折れました。

せっかく2枚のグラボが刺さっているのに使っているのは1枚のみ・・・さすがにダメージはデカかったです。
へっぽこディスコードの某LH氏もGTX980でSLIを構築していたそうですが、あまりのバグの多さに1枚に戻したそうです。

その後MSIより「GeForce GTX 1080 Ti GAMING X 11G」が発売決定したので発売日に113,184円で購入して、GTX1080は2枚とも売られていきましたw

と言う訳でSLIは自分自身で情報収集が出来、解決する努力が無ければ絶対に導入するべきではありません。
度重なるグラボ購入で無駄なお金の出費もかさみました。

ワシが今回のトラブルで得た教訓は、

「性能アップに期待してSLIにするなら素直に最上位のTiを1枚買っとけ」です。

長々と書いてしまいましたが答え合わせの時間です。SLIでどれくらい性能が上がるのかお答えします。
下に貼るベンチマーク結果は全てワシが自分のPCで測定した結果です。
SLIは2枚のグラボを使うので性能も2倍になるのか?それとももっと凄いことが起こるのか?
結果はいかに・・・(全てフルHDで測定)

PC構成

マザーボード
MSI Z170A XPOWER GAMING TITANIUM EDITION

CPU
Intel Core i7-6700K

メモリ
Corsair DDR4 @ 3,000 MHz 16GB×2枚 32GB

グラボ 
MSI GeForce GTX 1080 GAMING X 8G 1枚 or 2枚
MSI GeForce GTX 1080 Ti GAMING X 11G 1枚

SSD
Samsung 950 PRO M2 512GB

OS
64-bit Windows 10


MSI GeForce GTX 1080 GAMING X 8G 1枚

1080-1.jpg


MSI GeForce GTX 1080 GAMING X 8G 2枚(SLI)

1080-2.jpg


MSI GeForce GTX 1080 Ti GAMING X 11G 1枚

1080ti.jpg


スコアを纏めると
MSI GeForce GTX 1080 GAMING X 8G 1枚 17924   
MSI GeForce GTX 1080 GAMING X 8G 2枚(SLI) 23971
MSI GeForce GTX 1080 Ti GAMING X 11G 1枚 20684

1枚→2枚(SLI)でのスコアの伸びは約33.7%、お金を2倍かけてもたったの34%程度しか性能アップしないのです。

この結果には正直驚きました。悪くても40%程度はスコアが伸びると思っていました。
1080Tiは1枚でも1080SLIに対して約86%のスコアを叩きだしており、コストパフォーマンスの良さが際立ちます。

そんな訳でSLIは万人向けではありません。PCをゲーム専用にして色々ソフトを入れない方であればトラブルの頻度は減るかもしれません。
ワシのように趣味もネットもゲームも全て同じPCでやられる方は、相性問題が発生する可能性があります。
国内外翻訳ソフトを駆使してトラブル解決頑張れるのであれば何も言いませんが、ワシは二度とSLIはやりたくないですw

お金のことを考えないのであれば、Tiシリーズが出る度に買い替えが一番コスパが良い気がします。
と思っていたらRTX2080Tiがまさかの18万円オーバーw
この価格になってくるとTiシリーズが出る度に買い替えは無理です・・・
と言ってもSLIに挑戦する気力は無いので悩みどころです。

最後になりますが、SLIに心惹かれる気持ちは誰にでもあると思います。もし挑戦するなら覚悟を決めてからにしましょう!
スポンサーサイト

ワシの財布が240Hz液晶に興味を示すわけがない

皆さん、こん〇〇は!いつもへっぽこ・超へっぽこ鯖へ参戦ありがとうございます!

今回は久々にハードウェアについて書いてみたいと思います。
なおこの記事につきましてはワシの思い込みが濃厚に詰まっておりますので、一部の方には不愉快な思いをさせてしまうかもです。また間違った解釈もあるかもしれません。
しかしワシ自身が購入して実際試した、この目で見て確認した事ですので、何卒ご容赦を!

そんな訳で今回のネタは240Hzモニタ!すでに利用されている方、購入を検討されている方おられると思います。
Twitterでも240Hzモニタ欲しい!とのツイートをよく見かけますねw

そんな中、新製品大好きハイスペック大好きなワシは240Hzモニタに見向きもしません。全く欲しいとも思いません。それは何故???

まずは液晶パネルの駆動方式を簡単に説明しましょう。今回はゲーミングモニタについてですので、余分な項目は省かせて頂きます。
ゲーミングモニタでよく見かけるパネルの駆動方式は2種類あり、TN方式とIPS方式になります。
両者の特徴を簡単に書きますと、TN方式は応答速度速い・視野角狭い・価格安い・画質はあまり良くない。IPS方式は応答速度は普通・視野角は広め・価格高め・画質は良い、です。

この特徴から考えると応答速度が速く価格の安いTN方式がゲーミングモニタには向いているとわかって頂けると思います。

さて、ここからがワシが実際購入してこの目で確かめた結果となります。

ワシはBF2からしばらくFPSはプレイしていませんでしたが、BF4にハマってしまい当時使用していたモニタよりゲームに向いているモニタが欲しくなりました。

当時使用していたモニタは三菱のRDT234WX、IPS方式で当時大人気だったモニタです。しかし23インチの60HzモニタではBF4ががっつり楽しめません。
そんな中色々モニタを検討した結果、人気メーカーBenQのXL2430Tの購入を決めました。
スペックはフルHD・144Hz・応答速度1ms・TN方式、です。ゲームには最高のスペックですよね!

モニタが到着してセッティング完了、ドキドキしながら電源を入れる・・・そして一言・・・

なんじゃこのクソ画質は~これ壊れてるんじゃねーんか?

ドットがものすごく粗く感じ、縦に線が引かれているような画質に目を疑いました。本当にクソ画質、初期不良としか思えません。
そこで友人を呼んで画面を見てもらったところ「これ普通じゃん」恐ろしい返事が返ってきたのですw

そうです、壊れていると勘違いするほどの画質の差がIPSとTNには存在したのです。
今までずっとIPSのキレイな画質を当たり前のように見てきたので、TNの汚さに耐えられなかったのです。
ワシの感覚で言えば、TNはファミコン、IPSはPS2、これくらいの差に感じました。

当然そんなクソ画質でBF4をプレイする気にはなりません。もうワシはIPSしか受け入れられないのです。
そしてXL2430Tは友人に格安で売ることにしてIPSのゲーミングモニタを探したのです。
そんな中出会えたのがASUSのROG SWIFT PG279Q!27インチ/WQHD・165Hz・応答速度4ms・IPS方式。
お値段は高めでしたが、モニタは長く使えるので妥協せず買いました。

モニタが到着してセッティング完了、ドキドキしながら電源を入れる・・・そして一言・・・

う、美しい・・・

やはり画質はIPSの圧勝です!IPSと言う事で応答速度はTN方式には及びませんが、遅延を感じた事はありません。
と言う訳でいくら240Hzでもクソ画質のTNには用無しです。

そして240Hzについても色々調べました。リフレッシュレート(Hz)はモニターが更新される回数/毎秒=実際に表示されるフレームです。
240Hzと言うのは簡単に言えば1秒間に240回画像の更新が可能です。当然書き換える回数が増えればキレイに見えると思いますよね?

しかし・・・いつも皆さんが見てるTV放送、これは30フレームです。たった30フレームですが普通に見れますよね?
人間の目は1秒間にいくつのフレームを認識できるのか?これが気になり国内外色々な情報を探しました。
結論として、人間の目は見た物を脳で補完して表示しているので計算不可能とのことです。
しかし強引に換算すると、人間の目は60フレーム程度は認識可能だがそれ以上は個々の能力、最大で240フレーム程度ではないかとの事です。(ここら辺は色々見解の違いがあるので間違っていたらごめんなさい)
60Hzを144Hzのモニタに変えると滑らかに見えますが、144Hzが240Hzになってもそこまで変化は感じられません。これが個人差なんですよね。

現状よく見かけるゲーミングモニタのリフレッシュレートは120Hz・144Hz・240Hzくらいです。しかし最高画質で常時240Hz出せるグラボは現状存在しません。(一般的なPC構成の範囲内)
そうなると画質を下げてリフレッシュレートを稼ぐしかありません。

ここは人それぞれなので何とも言えませんが、ワシはそのゲームの持つ最高画質でプレイしたいのでIPSで144Hzもあれば十分なのです。

本当にゲームが好きな知人は皆IPS液晶を使っています。これは一度画面を見て頂ければ確実に肌で感じると思います。

カタログのスペックだけに踊らされず、自分の目で直接見て判断する、これはとても大切です。
機会があれば店頭でIPS液晶を見て欲しいです。本当に感動しますぞ!
ちなみに精細な画質が求められる医療機器のモニタはほぼIPSが使われているそうです。

ここまでTN液晶をボッコボコに書いてしまい大変申し訳ないとは思いますが、ワシ自身が購入してこの目で見て判断した結果です。個人差もあるとは思いますが、おっさんの目にはこう見えた、それだけです。
あくまでワシ個人がIPS液晶が好きなだけであり、TN液晶をバカにしている訳ではありません。
その点のみご理解願います。

最後になりますが、本当に美しく目に優しいプレイを求めるのであればワシは240HzのTN液晶ではなく144HzのIPS液晶を激しくお勧めします!

夜間の回線速度(ping)低下でお悩みの方へ!

皆さん、こん〇〇は!落城した落ち武者鯖へいつも参戦ありがとうございます。

ここ最近夜間にpingが高くなり、まともにゲーム出来ないという方が見受けられます。私も過去に相当悩まされましたので、解決策を書いていこうと思います。

お昼にゲームをするときはpingも10前後なのに、夜間にプレイするとpingが100を超えゲームにならない症状が以前私にも発生しておりました。
当時私はフレッツ光ネクスト&OCNで契約していました。基本インターネットは回線業者とプロバイダの契約が必須なのですが、最近はほぼ100%セットでの契約となっています。
ここで問題となるのが、セットで組み合わせたプロバイダなのです!プロバイダにも当たりハズレがあり、ハズレを引くと夜間19時~23時位までpingが高くなり地獄を見ることとなります。

Windowsにはコマンドプロンプトと言うソフトが付属しています。そちらを起動してコマンドを打ち込むと、該当するページへの経路及び時間が表示されます。
例えばYahoo!までの経路を知りたいときは、コマンドプロンプトを起動して tracert yahoo.co.jp と打ち込めばOKです。

Desktop 05

1は自分のルーター、2~5は契約プロバイダ、6~10までが他社の回線を使用して通過、11がYahoo!(ゴール)ですね。
これを見ただけでも、Yahoo!に到達するまで2~10の9か所を経由していることとなります。

大手プロバイダは多数の方が契約されているので2~5の自社回線は非常に太く通信速度は良好です。
しかし・・・問題はそれ以降の経路なのです。目的のサイトに向かうには一旦自社回線を離れ他社の回線を経由して向かうこととなります。上の画像で言う6~10ですね。ここの回線にハズレがあると一気に回線速度は低下します。
わかりやすく言えば、自社回線の2~5は片側3車線の高速道路、6~10は片側1車線の一般道、当然3車線から1車線に減ってしまうと渋滞が発生しますよね!これがping上昇の原因なのです。
と言う事は6~10の経路を変えれば良いのですが、残念ながらプロバイダによりほぼこの経路は決まってしまいます。
プロバイダも回線増大工事を良く実施していますが、いくら自社の回線を太くしても、それ以降の経路が変わらなければ効果がありません。

そこでどうすればよいのか?方法は2種類あります。


1.モデム・ルーターの再起動

モデム・ルーターを再起動することにより別の経路が選択され、回線状態が良好になる事があります。一旦モデム・ルーターをコンセントから抜き、1分程度待機してから再度電源を入れてみてください。運が良ければ別経路が選択され、回線速度の改善が認められます。これは何度も挑戦して最善の経路が選ばれるまでやる必要があります。
なおこれは特に回線速度に問題が無い場合でも、回線速度のさらなる向上が認められる場合があるのでやって損はありません。数十Mbpsの速度向上が望める場合もあります。


2.プロバイダのみ別途契約する

ほとんどの方が、回線業者とプロバイダのセットで契約していると思います。そしてほとんどの契約で複数年縛り(2年が多い)が多く、安易にプロバイダを変更することは出来ません。契約更新月以外での解約は数万円の違約金が発生するパターンが多いです。
そこで現状の契約はそのままで、プロバイダ単体のみ別途契約することで対応可能です。プロバイダ単体のみの契約ですと月額1000円前後だと思います。あとはそのプロバイダをルーターに登録すれば、現状の契約を維持しつつ別プロバイダが利用できます。回線業者はそのまま、ルーター内に2個のプロバイダ情報が存在する形になります。
大切なのはどのプロバイダを選ぶかです。大手プロバイダは自社回線は太くても、他社回線接続時に速度低下のパターンが多くお勧めできません。
そこでマイナーor地域密着型のプロバイダが穴場となります。契約者数もそれほど多くなく、経由回線も大手と違う場合が多く速度の改善に期待できます。
一番手っ取り早いのは近所の方に夜間の回線速度低下の無いプロバイダを教えてもらう事ですね。もしくはネットで検索しても情報が得られると思います。

以前OCNを利用していた時は、昼間は300Mbps程度の速度が出ていましたが、夜間19時~23時位までは1Mbps程度まで速度低下が発生し、ゲームのpingも130~280まで低下していました。
何度もプロバイダに問い合わせをし、回線増強工事も待ちましたが改善はありませんでした。半年以上我慢しましたが、結局回線が良くなることはありませんでした。
OCNの言い分は、自社回線は速度が十分出ているのですが、他社回線接続時に混雑が発生し速度が低下しているとのことです。改善を検討しているとはずっと言っていましたがw

その後中規模プロバイダを契約したのですが(月額800円税別)、即回線速度は改善し夜間の速度低下も全く無くなりました。
しばらくはOCNと並行して契約していましたが、OCN契約更新月にOCNを解約して、別途中規模プロバイダとセット契約をしました。変更時にネットが止まることは無かったです。セット契約で料金も300円程度安くなりました。
今のネット回線はフレッツ光ネクスト隼マンションタイプです。
現在の回線速度は以下になります。

Desktop 05 (2)
Desktop.jpg

上の画像がお昼の速度、下の画像が夜間ピークタイムの速度になります。
通常使用の範囲では全く問題の無い速度だと思います。

唯一のデメリットが少々費用が発生する&当たりプロバイダ探しがめんどくさい、ですね。

夜間pingの低下でお悩みの方は、プロバイダのみ変更を視野に入れて検討されてみてはいかがでしょうか?
なおこれはあくまで私自身の体験談です。間違い等ありましてもそっと見逃してください!
そしてもし別途プロバイダを契約してハズレだった場合も責任は負いかねます。情報収集が全てです!

参考程度に閲覧して頂けたら幸いです!

液晶モニタのあれこれ

みなさんこん○○は!連日のへっぽこ鯖参戦ありがとうございます。

最近フレさんから液晶モニタの相談を受けることがあります。
今回は液晶モニタについてわかりやすく最低限の説明を書いてみます。
液晶モニタには様々な種類がありますが、まずは液晶モニタの基礎から
解説します。ゲーミングモニター購入の参考になれば幸いです!


☆液晶パネルの駆動方式☆
 液晶パネルには大きく分けて3種の駆動方式があります。TN・VA・IPS方式です。
 TNは比較的安価・応答速度が速い・視野角が狭い
 VAはTNに比べ、応答速度が速い・視野角が広い(IPSよりは狭い)
 IPSは色再現性が良い・視野角が広い・応答速度は遅め・比較的高価
 
 ゲーミングモニターはTN方式が多く、IPSはまだ少数です。ゲームでは応答速度の速さを
 求められる事が多いのでTNが多いですが、色の美しさは圧倒的にIPSと思います。
 最近はIPSのゲーミングモニターも出ていますので予算と相談ですね。
 VAはほぼ見かけません・・・
 

☆画面サイズ☆
 ゲームに向いている液晶サイズは好みもあると思いますが、一般的に24インチが
 適切と言われています。あまり大きな画面では視点移動に負担がかかり目が疲れます。
 他の用途でもモニターを使うのであれば27インチもお勧めです。


☆画面解像度☆
 FullHD(1920*1080)で問題ないと思います。それ以上の解像度ですとそれ相応の
 グラボが必要になってしまいます。またFullHD以下の解像度のモニターは絶対買っては
 いけません。現状ゲームはほぼすべてFullHDを基準に作られていますのでそれ以下の
 解像度では画像が荒くなってしまいます。


☆グレア(光沢)かノングレア☆
 液晶の表面処理にはグレア、ノングレアがあります。グレア(光沢)は見た目が
 テカテカでコントラストが高く映像がキレイに見えます。しかし外光の映り込みが
 大きく部屋の照明が反射します。また目が疲れやすいです。
 最大の欠点として、電源オフ時に自分の顔が画面に思いきり映りますw
 私は電源オフの度に自分のきもいおっさん顔は見たくありません!
 一方ノングレアは照明等の映り込みが少なく長時間の使用でも目が疲れにくい
 です。欠点として発色の鮮やかさやコントラストはグレアに劣ります。
 ゲーミングモニターはほぼノングレアだと思います。個人的にもノングレアを
 お勧めします。


☆入力端子☆
 ほぼ全てのゲーミングモニターには複数の接続端子が付いています。
 通常使う端子はHDMI・DisplayPortと思います。HDMIはFullHDでは144Hzまでの
 対応となりますので、144Hz以上のモニターを接続する際は必ずDisplayPortで
 接続してください。
 現在発売されているモニタ・グラボはほぼすべてHDM端子があると思います。
 DisplayPortは無いものもあるので注意が必要です。
 但し一部のモニタ・グラボでは例外もありますので、必ず事前に確認願います。


☆応答速度☆
 画面の色を、黒→白→黒に変化させる時間になります。単位はms(1000分の1秒)で
 ゲーミングモニターですと1~5msが多いです。数字が小さいほど高速で色の書き換えが
 行われます。5ms以下の物を購入すれば特にゲームに支障は無いと思います。
 最近はGtoGの応答速度の記載も増えています。これはグレー→グレーに変化させる
 時間になり、上記記載の黒→白→黒より速い時間になります。大体1~2msが多いです。


☆リフレッシュレート(垂直同期周波数)☆
 ゲーミングモニターで一番大切と言っても過言ではない項目です。
 単位はHzで1秒間で何回画面の更新をするかの数値です。画面の更新が多いほど
 動きはなめらかになります。ちなみにTVの地上波放送で約30、フィルム映画で
 24です。オフィス向けの安い液晶で60Hzが多いですね。こう聞くと60Hzで十分
 では?と思いますよね。ゲームは動きも早く視点が目まぐるしく変化します。
 そうなると60Hzでは動きがもっさりして残像が出てしまいます。今のゲーミングモニターの
 主流は144Hz~です。ここは妥協せず144Hz以上の物の購入をお勧めします。
 個人的感想ですが、60Hz→144Hzは見ただけで変化のわかるレベル、
 144Hz→165Hzは変化がわかりませんw
 応答速度と似ていますが、こちらは画面全体の描画速度となります。
 
 但し高リフレッシュレートのモニター購入に際し、注意することがあります。
 いくら高リフレッシュレートのモニターを購入しても、グラボの描画能力が追い付いて
 いないと意味がありません。
 BF1ですと最高画質&WQHD(2560*1440)でプレイするとGTX1080SLIでも165Hzを維持
 するのは不可能です。110前後しか出ません。FullHDの最高画質で常時150前後です。
 従って画質を優先してリフレッシュレートを下げるか、画質を下げてリフレッシュレートを
 上げるかの選択になります。
 ほとんどの方は画質を下げてリフレッシュレートを上げていると思います。
 最近は240Hzのモニターも発表されていますが、グラボの性能が追い付いていないので
 どうなのかと・・・


☆おすすめメーカー☆
 ゲーミングモニターは色々なメーカーから発売されていますが、人気あるのは「BenQ」
 「ASUS」あたりでしょうか。LGは4台中3台に多数のドット欠けがあったので
 嫌いですw
 私はIPSが好きなのでASUSの「ROG SWIFT PG279Q」を使用しています。
 少し高いですが、液晶モニタはずっと使えるので奮発しました!


必要最低限の事を書いてみましたが、「では実際どれ買えばええんや?」と
なりますよね?
あくまで個人的にですが、お勧めできるゲーミングモニターを紹介します。
なお私は絶対にあふぃはしない主義ですので、機種名から検索願います。
機種詳細はHPをご覧ください。参考価格はamazonの価格となります。
(価格はH29.3.13のものです。参考程度でお願いします)

・BenQ XL2430T 42,800円
  24型 FullHD TN 1ms(GtoG) 144Hz DisplayPortあり
  ノングレア スピーカーなし

・BenQ XL2411Z 28,900円
  24型 FullHD TN 1ms(GtoG) 144Hz DisplayPortなし
  ノングレア スピーカーなし

・ASUS MG248Q 45,139円
  24型 FullHD TN 1ms(GtoG) 144Hz DisplayPortあり
  ノングレア スピーカーあり

・ASUS ROG SWIFT PG279Q 111,371円
  27型 WQHD IPS 4ms(GtoG) 165Hz DisplayPortあり
  ノングレア スピーカーあり G-SYNC対応

少し書くつもりが結構長くなってしまいました・・・
最後にゲーミングモニター購入についてまとめたいと思います。

・パネル駆動方式 TN(または高速なIPS)
・画面サイズ 24~27インチ
・画面解像度 FullHD 
・ノングレア(好みによる)
・応答速度 5ms以下
・リフレッシュレート 144Hz以上

上記に該当するゲーミングモニターなら特に購入に問題はないと思います。
現在発売されているゲーミングモニターですとリフレッシュレート以外は
ほぼクリアしているはずです。

私の知る範囲での情報ですので、多少の間違えはご了承願います。
また今回の記事によるトラブルにつきましても当方は一切責任を負いかねます。
あくまで参考記事ですので!

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました!

★おまけの追記★
へっぽこ鯖は毎日20時開始を目指しています。そこで毎日20時~を
へっぽこタイムと名付け、皆様に参戦をお願いしています。
広げよう「へっぽこタイム」の輪!